〜寝苦しい夏の夜には〜

2007年08月05日

和洋と痔

痔(じ)とトイレの関係について少々。最近新築される家では洋式トイレが主流となってきているようです。痔にとっては洋式トイレの方が肛門に負担をかけにくいといえます。
なぜなら、和式トイレで排便をする姿勢は腹部に圧力がかかります。その姿勢をとるだけで肛門に圧力がかかってしまいます。痔を患っている人の中には、しゃがむ姿勢をとるだけで痛みを感じてしまうこともあります。

和式トイレの悪い点を挙げましたが、長い時間力んだりせず、スムーズに排便できるのであれば、特別に肛門に負担がかかることはありません。


トイレ続きにもうひとつ。意外に無頓着なのが排便後の後始末です。丁寧に肛門を紙で拭うのはよいことですが、あまり神経質にこすりすぎると、その摩擦自体によって痔ができる場合があります。程々を心がけましょう。

もちろん、肛門を不潔な状態にしておくのも痔の原因になります。シャワー付きの洋式便器で洗い流すことは好ましいことです。ただし、水圧を強くし過ぎないように気を付けましょう。


毎日のことだから


これなら痔(じ)の人でも…
ラベル:痔 ヘルス
posted by 管理人 at 09:29| 痔の概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。