〜寝苦しい夏の夜には〜

2007年07月20日

痔瘻の自覚症状

痔瘻(じろう)の症状の特徴は発熱を伴うという点です。この点が他の痔と最も異なります。痔瘻による発熱はときには38度を超えることもあります。身体的にはとても大きな負担ですし、日常生活にも支障をきたすことにもなります。

肛門の痛みが肺便時に限らず発生する場合は、より症状が進んでいることを疑ってみる必要があります。この痛みも重度になると、普通の生活を送ることが困難になります。

自分で治療することは難しい痔瘻ですが、応急処置がないわけではありません。ただし、あくまでも一時的に痛みを和らげるだけであって、治療ではありません。

痔瘻は悪質な痔です。必ず医師の診断を受ける必要があります。しかもできるだけ早い段階での受診が治癒までの時間を短縮してくれます。

痔瘻の応急処置の話に戻ります。痔瘻はそもそもお尻の炎症によって起こるものです。炎症による痛みを鎮めるために効果がるのが、患部を冷やす方法です。簡単ですが、とても有効な方法です。やり方としては、うつぶせになって患部を氷嚢等を当てて冷やします。そしてしばらく安静にしましょう。

肛門周辺から膿が出ている場合は、患部を清潔に保つことを心がけましょう。入浴時はもちろん、それ以外のときもこまめにお尻をいたわってあげましょう。


やはり自然が一番



毎日のことだから

ラベル:痔 ヘルス
posted by 管理人 at 13:53| 痔瘻(じろう)について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。