〜寝苦しい夏の夜には〜

2007年07月09日

ご存じ裂肛(れっこう)

痔(じ)御三家のうちのひとつ裂肛(れっこう)の登場です。裂肛という言葉は聞き慣れない人も多いかもしれませんが、この裂肛もまた患っている人の多い痔の代表選手です。一般的には切れ痔とか裂け痔と呼ばれ、非常にポピュラーな痔といえるでしょう。

平たくいえば、肛門の外傷のようなものですね。硬い便が肛門を通過するときなどに外壁を傷つけることで発生します。避けることの難しい痔のひとつですね。

裂肛の原因は大きく分けて2種類あります。ひとつ目は便秘です。便秘症の人の便は一般に固くなっています。無理に力んで排便すると、肛門を傷つけてしまうことがあります。つまり便が物理的に肛門の粘膜を傷付けてしまうわけです。

ふたつ目は便秘とは正反対の下痢です。水分が過度に多い便というのは肛門の粘膜に浸透しやすくなります。その結果炎症が起こりやすくなったり、粘膜を弱くしたりします。このような状態で勢いよく便が通ると、肛門の粘膜が傷ついてしまいます。化学的に粘膜が侵されるというわけです。

肛門内部は歯状線と呼ばれる線を境に内側(直腸側)と外側(出口側)に分けることができます。裂肛はこの外側に発症します。裂肛のある状態で排便をしたり、肛門の括約筋を動かしたりすると、激しい痛みを伴うことがよくあります。これは肛門の外側はお尻の皮膚により近い部分であり、感覚も通常の皮膚と同じようにあるからです。


毎日のことだから


これなら痔(じ)の人でも…
ラベル:ヘルス
posted by 管理人 at 10:38| 裂肛(れっこう)について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。